賃金規程について

ホーム > お役立ち情報 > 賃金規程について

賃金規程とは…

賃金には、労働基準法・最低賃金法など、様々な法律が関わっています

よって、賃金規程には必ず定めなければならないものがあります。

  1. 「賃金の決定、計算および支払いの方法」
  2. 「賃金の締切りおよび支払の時期」
  3. 「昇給に関する事項」

※従来の賃金規程でなく、「成果主義」による賃金規程への変更は、企業にとってぜひ一度お考えになることをおすすめします。

賃金規定は、毎月の給与計算をする際に大事な指針です

wages03

労働基準法を順守するだけでなく、従業員のモチベーション向上にも繋がるような工夫をすることが望ましいでしょう。

従業員の給与は最低賃金を上回っていますか

wages02

月給制の場合も最低賃金を上回っている必要があり、最低賃金未満の賃金しか支払わなかった場合には、最低賃金額との差額を支払わなくてはなりません。
また、域別最低賃金額以上の賃金額を支払わない場合には、最低賃金法に罰則(50万円以下の罰金)が定められています。

会計・労務をまとめてサポート

[ご相談無料]まずはお気軽にご連絡ください。TEL:0120-26-4445[受付時間平日10:00〜21:00(土日祝日は休み)]

お問い合わせ

ご相談無料

まずはお気軽にご連絡ください

株式会社アントレコンサルティング

0120-26-4445

受付時間 9:00〜19:00(月曜〜土曜)

お問い合わせ

ページ上部へ戻る