会社設立時に向き合うポイント

ホーム > お役立ち情報 > 会社設立時に向き合うポイント

会社設立時に向き合うポイント

会社設立の際に向き合うポイントは、年代により異なります

当ページでは、各年代ごとにみられる強み・特長、さらには課題・懸案について解説いたします。

50〜60歳代の方

豊富な経験、知識、人脈を活かせて、起業できるのは、何よりも強みです

img-e-point01長い会社員(従業員)の経験が、邪魔になるときもあります。
以前の会社では、雑用は部下がしてくれた
頭を下げて営業するのは、久しぶりでしんどい」などと、
一から十までとは言いませんが、起業したばかりで従業員がいないと自分でやらなければいけないことが多いことに驚きます。

また、この世代は、「資産運用世代」と言えます。
ただし、起業したことにより、しばらくは、運用も中断せざるを得ないこともあります。

30〜40歳代の方

経験、気力、体力ともバランスがよく、起業するには、絶好のタイミングです

img-e-point02この年代では、経営管理の経験が通常ありません。
また、経験した職種も、「営業だけ」「事務だけ」とその分野では長けていても、総合的な経験がやや不足しています。経営者は総合的な知識が必要になります。
また、この年代は、「資産形成世代」と言えます。教育等にお金が1番かかる世代です。
起業して、なるべく早いうちに、安定した収入がないと、生活に不便なことが多くなります。

20歳代の方

「起業当初は、経営者がどれだけ多くの時間働けるか」ということに際限なくチャレンジできます

img-e-point03気力、体力が充実していますが、その反面、経験と知識が不足しています
実際、様々な契約書の内容がよく理解できない、従業員をうまく管理できない、大事な書類の管理ができないと、課題が多くあります。

実際にあった社長の経験談

契約内容が理解できていなかった!!

20歳代で起業したA社長 飲食店経営

起業したばかりの時、ある会社に業務を依頼したのですが、支払金額や支払時期について、詳しく理解ができてなく、当初思っていた契約内容よりも不利な条件を長い間受け入れざるを得ない状況でした。

契約書を再度作成し、交渉した結果、現在は問題はありません。

やることが多くて、営業に集中できない!!

30歳代で起業したB社長 自動車販売

売上をあげることは、会社員時代から本当に得意で、起業してもある程度は自信があったのですが、会計の知識は全くなく、従業員に関する手続きもよくわからず、本当に困りました。経営をすることの難しさをとても感じながら日々頑張っています。

事務的なことは、今ではかなり理解され、営業に集中できるようになり、毎年増収増益を続けています。

資産形成を効率よくしたい!!

40歳代で起業したC社長 IT関連

起業して、3年目でやっと会社員時代よりも多く報酬をとることができました。最初は、雇っている従業員よりも少なかったんです。
これからは、自分個人の資産を形成したいのですが、どうすればいいのかよくわかりません。

相談して、節税しながら貯蓄を同時にしていくことにしました。とにかく効率よく。

従業員に仕事を任せるとうまくいった!!

50歳代で起業したD社長 建設業

若いときから何でも自分でやらないと気が済まないたちで、従業員を雇ってもすぐに辞めてしまいました。
ただ最近は震災もあり、仕事も増えたので、一人では業務が回せなくなり、考えを変えて、うまく従業員に仕事を任せています。
もちろん、自分よりも技術はありませんが、案外真面目に頑張っていますので、より任せてみようと思っています。

雇用契約書や社会保険、労働保険等もしっかりと整備して、従業員さんが安心して勤務できるようにもされています。

起業家応援!会社設立無料

[ご相談無料]まずはお気軽にご連絡ください。TEL:0120-26-4445[受付時間平日10:00〜21:00(土日祝日は休み)]

お問い合わせ

ご相談無料

まずはお気軽にご連絡ください

株式会社アントレコンサルティング

0120-26-4445

受付時間 9:00〜20:00(月曜〜土曜)

お問い合わせ

ページ上部へ戻る