個人事業

ホーム > お役立ち情報 > 起業前に知っておきたい事業形態の違い > 個人事業

個人事業と法人の違い

法人は登記をして初めて法人格を得ますが、個人事業は、個人が新たに事業を始め、税務署へ開業届を出した時から個人事業主です。
法人の方が社会的・営業的に信頼を得やすかったり、役員報酬の設定等で工夫ができるメリットがありますが、法定16業種以外(飲食店、理容業など)の個人事業主は常時5人以上の従業員を使用しても社会保険の強制適用事業所にならない等のメリットがあります。

個人事業 株式会社
資本金 0円 1円以上
設立時にかかる費用 0円 最低20万円程度
株主(出資者)の人数 1人 1人以上
取締役の人数 1人以上
信頼度 簡易なイメージ しっかりしたイメージ
代表者 本人 複数いれば代表取締役
最高決定機関 本人 株主総会

個人事業のメリット

手数料不要。事業を始めた時から個人事業主です

b−personal

税務署へ開業届を出すだけで、設立費用をかけずに事業を始められます。
法定16業種以外(飲食店、理容業など)の個人事業主は、社会保険の強制適用にならないなど法人よりは法的義務が少ない状態で事業が始められます。
法人設立費用をかけずに取りあえず事業を始めてみたい方、売上を上げる上で個人事業主でも問題ない方に向いています。

起業家応援!会社設立無料

[ご相談無料]まずはお気軽にご連絡ください。TEL:0120-26-4445[受付時間平日10:00〜21:00(土日祝日は休み)]

お問い合わせ

ご相談無料

まずはお気軽にご連絡ください

株式会社アントレコンサルティング

0120-26-4445

受付時間 9:00〜20:00(月曜〜土曜)

お問い合わせ

ページ上部へ戻る