登記申請手続きに必要な書類

ホーム > お役立ち情報 > 登記申請手続きに必要な書類

会社設立の登記申請には、設立手続き書などが必要になります

以下の書類は登記申請時に必要となりますので、忘れずに登記手続き書類の確認を行いましょう。

application

登記申請書 収入印紙を貼った登録免許税納付用台紙をセットして手続きを行います。
定款 公証役場で認証され「謄本」の刻印があるもの
銀行通帳写し 通帳(表紙、表紙裏、資本金を入金したページ)が必要になります。銀行から残高証明書を発行してもらうと有料(およそ1万円)になりますので通帳写しがおすすめです。
発起人決議書 本店所在地、代表取締役を決議します。
就任承諾書 全取締役が必要です。
印鑑証明 全取締役の個人の印鑑証明書
代表社員選出についての総社員の同意書 合同会社など。株式会社以外の会社設立の場合に必要。ただし、代表社員を選出しない場合は不要
別紙 非コンピュータ庁では「登記用紙と同一の用紙」
代表者の印鑑届出書 会社の代表印を法務局に登記手続きするためのもの。代表者個人の印鑑ではない

このように登記の手続きには、関係する公証役場や金融機関への手続きや登記の必要書類が数多くあります。
当オフィスでは、面倒な書類の準備から作成までの手続きを代行し、立ち上げをサポートいたします。
また、当オフィスにて手続きの代行を行う場合、登記に関しては提携の司法書士が行います。
その際の司法書士への 登記手続き報酬は掛かりません。

起業家応援!会社設立無料

[ご相談無料]まずはお気軽にご連絡ください。TEL:0120-26-4445[受付時間平日10:00〜21:00(土日祝日は休み)]

お問い合わせ

ご相談無料

まずはお気軽にご連絡ください

株式会社アントレコンサルティング

0120-26-4445

受付時間 9:00〜20:00(月曜〜土曜)

お問い合わせ

ページ上部へ戻る